お箸の雑学

お箸の寿命~買い替えのタイミング

お箸の寿命~メンテナンスと買い替えのタイミング~

ここではお箸のメンテナンスと買い替えのタイミングについて解説していきたいと思います。

お箸の取り扱いとメンテナンス

 お箸は日ごろの取り扱いとメンテナンスにより、寿命がガラッと変わり、気を付けると通常よりも長持ちします。

 そのための取り扱いとして、
① 食後すぐに水洗いをする。
② 食洗機を避ける。
 この2点が肝心となってきます。

 まず、①についてですが、食後に水に浸けっぱなしにすると、素地そのものが水を吸ってしまい、膨張してしまいます。塗りの面はある程度の伸縮性はありますが、これが繰り返し続くとやはり痛めてしまうだけでなく、素地そのものもへたってしまいます。そのため、食後すぐに水洗いをした方が長持ちする、ということです。
 次に②についてですが、食洗機は高熱と衝撃、それに水分と、塗りだけでなく箸そのものにダメージを与えてしまうため、なるべくお控えください。どうしても使われる場合は、箸先を上向きにすると比較的長持ちしますが、やはりお勧めは出来ません。
 近年、食洗機対応のお箸もございますが、食洗機用の洗剤はタンパク質分解酵素が含まれているため、素地そのものを痛める可能性があります。そのため長く使われるのでしたら、手洗いをして頂くことをお勧めします。

 また、日ごろのメンテナンスとして、塗りの薄くなった、あるいは剥げてしまったお箸には、少量の植物油(匂いが少なく、酸化に強いものをお勧めします。例:食用の椿油)を塗り、丁寧に拭き上げてください。
 そうすることで、水分と熱という部分で箸の素地がある程度守られるため、比較的長持ちします。

 

お箸の寿命と買い替えのタイミング

 一般的にお箸の寿命は、折れて使えなくなった時、あるいはいいものを見つけた、もらった場合など、使わなくなった時まで使われる方がほとんどだと思います。ですので、お箸の寿命と言われてピンとくる方は少ないのではないでしょうか。

 塗りについての解説で述べたとおり、塗りは素地の保護のためにしてあります。そのため、塗りが剥げてしまった後は、素地がむき出しになってしまい、直接ダメージを受けてしまいます。
 天然素材を使っているものは、その直接のダメージにより、黒ずみが目立ってしまい、どうしても避けられません。これは素地にシミが出来たことによるもの、あるいはまな板の黒ずみ同様、雑菌やカビなどによるものと考えられます。
 お箸は毎日必ず口に入るものです。箸を売る側の人間としては、食の安全の面から考えると、こうなってしまったお箸を使い続けることは、お勧めは出来ません。
 そのため、塗りが剥げて黒ずむまでがお箸の寿命、と我々は考えています。

 そのように考えると、一般に塗り箸の寿命は、およそ1年ほどと言われています。
 もちろん、何種類かのお箸をローテーションで使えば、その分伸びていきます。

ページトップへ